五十音表です。

ご自由にDown Road してご利用ください。


五十音表

五十音について

ことばには意味があります。でも、それだけでなく「音」としての一面ももっています。
日本語のもとになっている、「清音」を「かな」で表したものを「五十音」といいます。
そして、この「五十音」を規則正しくならべたものが「五十音表」です。
「五十音表」をしっかり頭に入れておくことは、日本語の学習を進めるうえでの基本です。

小西甚一先生の書かれた「国文法のちかみち」(洛陽社)には、高校生を対象にした参考書にもかかわらず、第一部の最初から八ページをさいて、五十音の重要性について書かれています。 下記はその引用です。

『ぜったい誤りのない五十音図が書けるまで、何度でも練習したまえ。もし「ひとつぐらいの誤りなら」と考える人があるとしたら、 それはたいへんな心得違いである。100パーセント完全でなければ、零点なのだと理解していただきたい。
 a. 一分十五秒以内
 b. ノー・ミス。
この二つの条件がそろわない限り、ぜったい先をよまないこと。』…

五十音表 Down Road

清音の音節の五十音表・ひらがな

清音の音節の五十音表・ひらがな

清音節・ひらがなの五十音表です。ふつう五十音表というときはこの五十音表のことを言います。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

清音の音節の五十音表・カタカナ

清音の音節の五十音表・カタカナ


印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

濁音の音節・ひらがな

濁音の音節・ひらがな

濁音は、清音のカ行・サ行・タ行・ハ行に濁点(゛)をつけて、ガ・ザ・ダ・バ行を作っています。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

半濁音の音節・ひらがな

半濁音の音節・ひらがな

半濁音は、両唇無声破裂音/p/ で始まる音節です。清音のハ行に半濁点(゜)をつけてパ行になります。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

半濁音の音節・カタカナ

半濁音の音節・カタカナ


印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

拗音(清音)の音節・ひらがな

拗音(清音)の音節・ひらがな

拗音は、い段の音節にヤ・ユ・ヨを添えたものです。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

拗音(清音)の音節・カタカナ

拗音(清音)の音節・カタカナ


印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

拗音(濁音)の音節・ひらがな

拗音(濁音)の音節・ひらがな

拗音は、い段の音節にヤ・ユ・ヨを添えたものですが、濁音があるのはガ・ザ・ダ・バ行だけです。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

拗音(濁音)の音節・カタカナ

拗音(濁音)の音節・カタカナ


印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

拗音(半濁音)の音節・ひらがな

拗音(半濁音)の音節・ひらがな

半濁音の拗音はぴゃ・ぴゅ・ぴょの三つだけです。


印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

清音の音節の五十音表・ひらがな

清音の音節の五十音表・ひらがな

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

長音・促音・撥音

他に「ローマ字」の「ロー」ように音をのばす「ー」を付けて表現する音を長音といいます。ひらがなの表記では「おかあさん」の「かあ」のように表記する音も長音です。

また、「切手」の「きっ」のように小さな「っ」をつけて表す音の「っ」を促音といいます。

「ん」は、五十音表の最後に1文字だけ書かれていることもありますが、単独で音節をつくることができない文字で撥音といいます。

ローマ字の五十音表・ひらがな

ローマ字の五十音表・ひらがな

小学校でローマ字を習ったときに始めて五十音表の並びを理解できた記憶があります。母音・子音についても勉強しておきましょう。

印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf

五十音表・練習プリント

五十音表・練習プリント

すらすら書けるまで何回も書いて練習してください。
印刷して使われる場合はこちらから⇒pdf


2012-12-18

TO TOP